kei@のブログ

kei@のブログ
たぶん日常。きっと日常。 アートとか音楽とか旅とか ~日々の記録~

2016年9月18日日曜日

ダリ展

ダリ展


会期早々の金曜夜間に行ってきたのですが、
金曜夜としては、かなり混んでいた印象です。

会期の早いうちに行っておいたほうがよさそうな気はします。






期待していたよりは、
いわゆる、「ダリ」な作品の、
数も、クオリティーも低かった気がしたのは、私の思い違いかな。

でも、今まで見たことがなかった、
いわゆる「ダリ」の作風になる前、
若き時代の作品とか、
舞台のデザイン画などが見られたのは良かった。

会場に入る時に、作品リストを見たら、
すごい数の作品数だったので、
2時間で見終わらそうと思ったので、
スピードアップしたら、
舞台関連のデザイン画系の作品数が多かったので、
出店作品数としては、かなりの多さになっていたけど、
そこまで時間はかからなかった。

ただ、映画がフルサイズで放映されているものがあって、
それが60分とかだったので、
映像系をちゃんと見たい人は、
映像だけで、1時間半は確実に必要だと思う。

「アンダルシアの犬」ももちろん上映されていたよ。



出口を出たところに撮影OKコーナー。
入り口付近で見れたのはここだったのか。






















こんな感じで自撮りできます。







2016年9月16日金曜日

宇宙と芸術展



宇宙と芸術展


結構とっちらかってる感あり。

「宇宙」ってくくりでかすぎですね。
曼荼羅から、竹取物語、チームラボの「カラス」まで、
なんでもありなので、頭がついていかなくて、
集中できない感じ。

「あー、あの展覧会でこれ見たな」
ってのが何点かあった。

1時間くらいで見終わりました。








岡吉国宗《流星刀》 1898年. 
隕石の一種である隕鉄から作られた日本刀
















万寿堂『小笠原越中守知行所着舟』(「漂流記集」より)














チームラボの
《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space》

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 と パスキン展

で見たときよりも、進化していた。
前は平面を3面組み合わせていたと思うんだけど、
四角い部屋で、立体的になっていて、
三半規管が弱い私は、若干よってしまった。



















万寿堂『小笠原越中守知行所着舟』(「漂流記集」より)
のトートバックほしかったけど、
高いし、少し小さいしやめた。










2016年9月4日日曜日

くろねこピッツァ 16/09/04










なんでこんなところでライブなのか?
と思ったら、
新宿ジャムの店長さんがやっていて、
桂田5の方が働いているってことでした。


















1人桂田5。
ほぼ小話で終了。







成瀬ブルックリン。
名前は知っていたけど、
こんな、コミックソング的な感じだったのね。
「酒井少年」と一緒に見たい。









で、ソフトタッチ。
10年以上ぶりだってのに、
ドラムのほっしーが、どうしても仕事で無理だってことで、
3人ソフトタッチ。










SOFT TOUCH @くろねこピッツァ

2016年8月29日月曜日

江戸川ミュージアムと競艇

ボートレース江戸川に行ってきた。


と言っても、競艇がお目当てではなく、
併設されている美術館へ。


なんと、ボートレース場の建物の中に、
密かに江戸川アートミュージアムという美術館があるのですよ。


というわけで、
駅から無料の送迎バス(都バス!さすが公営ギャンブル場!)
に、おじさん達に混ざって乗り込み向かいました。










ハズレ舟券を食べてくれる、
ヤギのマッシローくん。





美術館の中だけでなく、
競艇場内には様々なアート作品があったりします。


これは、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみ、
水木先生の、「妖怪道五十三次」。

見学席のフェンスにずらっと飾られています













さて、美術館へ。
建物の3階にありまして、
秘密の小部屋的な感じになっております。


小さな部屋と、大きな部屋に分かれて展示されています。


まずは小さな部屋へ。









収蔵作品については、HPに詳しく掲載されているので割愛。


桑原さんのスコープ。

















荒木さんのアトム。










ムットーニさんのオルゴール。

















大きな方の部屋に移動。







まずは、レトロコーナー。

競艇場のシンボルの大魔神の看板もあったよ。




















鬼太郎の住民票。












外に展示されている、
妖怪道五十三次の原画も。








深堀さんの金魚。













市川さんのピクセルモンタージュ。
春画もあるよ。

全部女性の裸の写真で、再構成されている。

























挾土さんの土壁アートで、占いもしてくれます。

















どれが好きかを伝えると、
占い結果の書いたカードをもらえます。












曜変天目茶碗。国宝のじゃないけどね。






















曜変天目といえば・・。
曜変天目ディスコ












神谷さんの折り紙。
すげー。








後ろの壁に飾ってあるのが、
真ん中の龍の展開図の実寸大。


















こちらは、海外の折り紙作家の
エリックさんの作品。









一時間半くらいかけて、
美術館を見た後は、お昼ご飯。


特別室的なところが用意されていました。








お弁当と、ソフトドリンクは飲み放題。
























お昼の後は、
VTRで、競艇の仕組みとか、舟券の買い方を教えてもらいます。



















今回は特別に、
9レースと10レース、
3連単で、全パターンを100円分買ったものを、
くじ引き方式で、3枚ずつもらいました。

誰かは当たる・・
















この日の9レースは、
なんと、一枠の一番人気のボートが転覆してしまい、
波乱のレースに。
なんと、100円で、2万2千円くらいの配当で、
あたり舟券をゲットしていた方がいました〜。

うらやましー。


自分でも、3レースほど、
100円だけかけてみましたが、
全部外れました。

ビギナーズラックにはならなかったです。

でも、ハマってしまってしまう人の気持ちはちょっとわかるかもなー。

生活崩壊しない程度にヤンないとねー。