kei@のブログ

kei@のブログ
たぶん日常。きっと日常。 アートとか音楽とか旅とか ~日々の記録~

2017年3月20日月曜日

エジプト・カイロの旅 もくじ

H.I.S. impresso(インプレッソ) 
●添乗員同行●羽田発着 
気軽にエジプト 5日間 ~デラックスクラスホテル「ナイル川が見える部屋」2連泊

2017/2/8~2/12

エジプト・カイロの旅 まとめ


まぁ、最近は、だいたい行く前に、
グーグルさんでストリートビューを見て、
なんとなくイメージを作るじゃないですか。

グーグルストリートビューがない街。カイロ。

一応、アフリカの中ではかなりの大都市なのに。
でも、行ってみてそれも納得だな。



★ツアーのこと

このHISのツアーに決める前に、
ほぼ同じ行程のツアーがトラピックスであったんですね。

コース番号:ET250EXコース名:(ピラミッドが見える部屋プラン)
     「モーヴェンピックリゾート」(指定)に2連泊!!
     エジプト5日間

で、どっちにしようか考えていたら、
「ウナス王」の記載がなかったので問い合わせてみた。

 「ウナス王のピラミッド」の見学予定はありますか?

 ⇒誠に申し訳ございませんが、こちらのコースでは
  「ウナス王のピラミッド」の見学はございません。

ってことで、HISに決めたのです。

階段ピラミッドまで来て、
20年ぶりに公開されたウナス王に寄らないなんてありえないし!!


カイロは秋もいいけれど、2月はベストシーズンみたいです。

表示価格は10万円ちょっとだけれど、
ビザ代とか保険とか、私は一人だったので、一人部屋料金やらを足したら、
15万円近くになってしまった。



★wifiのこと

カイロの空港ではwifi捕まえられなかったのでないと思われる。
カタールの空港はwifi使えました。

あと、カタール航空、機内でwifiを使えるのですが、
15分だけで、「あれー、よくつながんないなー」
なんて、設定をいじっているあいだに時間切れになります。
15分以上使いたい方は、有料登録。

ラムセスヒルトンは、場所によって入りづらいところもあったけど、
部屋でも結構ちゃんとwifi入りました。
もちろん無料。

がっつりツアーなので、
wifiないと生きていけない!!
常にSNSやらないと死ぬ!
って人以外は、特にSIM買ったり、wifi借りたりしなくて
全く問題ない。



★両替のこと

このツアーでは、1日目はエジプトポンドはなくても大丈夫です。
なので、無理に空港で両替することはしなくて大丈夫。

ホテルにチェックインしてから、ホテルで両替、
もしくは、 ATMで引き落せば大丈夫。

モハメッドアリモスクでのトイレが問題なくくらいかな。
これは添乗員さんの裁量にかかっているかも?
ダメなら、1ドルでいいし、
行きたい人に声かけてみんなを連れて行くくらいでいいと思う。


★通貨のこと。

エジプトポンドは、半年前までは、
1エジプトポンドが12円〜14円くらいでした。
私が行った時は、1エジプトポンドが6円〜7円くらい。

変動相場制が2016年11月から導入され、
エジプトポンドの価値は大幅に下がりました。

現地のガイドさんにお話を聞きましたが、
変動相場になって、生活は逆に苦しくなったとか。




★治安のこと
ツアーで、添乗員、現地ガイド、観光警察(拳銃もち)が着いていた、
ってこともあるだろうけど、
そこまで治安が悪いという印象はなかった。
むしろ、日本人に友好的。
ただ、商品の代金は、ぼるのはぼります。

治安よりは、交通事情がひどすぎて身の危険を感じます。
あと、おなか弱い人は確実にくだると思う。


夜は、女性の一人歩きはやっぱやめといたほうが無難なのかなー。

現地ガイドさんに、
「ホテル(ラムセスヒルトン)から夕食後に、
カイロタワーまで歩いていけるかなー?」
って質問したら、
「う〜〜ん。やめたほうが無難ですね。」
とは言われました。

それは、危険とかいうよりも、
男性からの声かけがうざいってのが一番の理由っぽかったけど、
どうなんだろう・・。

新市街のホテルに泊まっているなら、
ある程度の時間なら女性一人でも、
最低限気をつけていれば一人歩きも大丈夫じゃないかなと。


ラムセスヒルトンは位置的に、
大きな道路のところにあって、カイロタワーに行くには、
この大きな道路を無理やり渡らなきゃいけなくて、
道路を渡るのが無理って判断。




こんな道渡れる??



カイロタワーに行くのは諦めて、
ホテルの近くをちょっと散歩しただけだけど、
やっぱりいちいち声をかけられた。

黒いスカーフで頭を隠して歩いていたんだけど、
それで良かったのか、
観光客と分かるように、
スカーフをしないほうが良かったのかは不明。


警察関係の施設を写真にとったらめっちゃ怒られた!
(警察官にではなくて、そこで働いている女の人?制服着ていない)
多分、スカーフしてたので、
現地の人と思われてかなり怒られたのかも。
近くにいた制服を着た警官に言いつけられたんだけど、
日本人だと言ったら、なんか適当にあしらわれた。
でも、その女性がうるさいから(警官は特に何も)写真は消した。

ちょっとびびった。




★2月の上旬のカイロの服装。

「一応冬だから寒いよ」ってことだったし、
旅の情報サイトを見ても、
「寒い」「ジャケット必要」とか書かれているけど、
そこまで寒くはないです。

昼間はかなり暑いです。
日差しが強いので、長袖で風通しの良い、春夏物のシャツ一枚で十分。
Tシャツでも過ごせる気温です。

ただ、寒がりの方はカーディガンとか必要かも?
昼間は男性なら確実にシャツ一枚で大丈夫です。

私は、秋物の長袖シャツ風チュニックと、
下にキャミで、ジーンズを着ていたのですが、
昼間は暑くて仕方がなかったです。

夜は、ピラミッドのショーに行かれる方は、
日本から来て行った冬物コートが必要だと思います。
行かれた方が、ジャケットだけで大丈夫だろうと、
コートを持って行かなかったら寒かったと言っていました。
(ピラミッドがあるところは砂漠なので、夜は風が強いそうです)

街中だったら、夜は、昼間来ていたシャツの上に、
ウインドブレーカーで十分でした。
ただし、夜遅くまでで歩くのならもう少し、
着た方が良いと思いますが。

現地人は、毛皮とか着ている写真とかがネットに上がっているけど、
日本人からしたら、「暑くないの????」って感じです。
まぁ、夏は40度にもなるから、寒いんでしょうけど。

私が行った時は、
たまたまいい天気が続いただけかもしれないので、
重ね着できるものを持って行った方が良いとは思います!



サングラスは、持って行ったけどほぼ使いませんでした。

私は、普段から使い慣れていないので景色を見るのに邪魔だったのと、
コンタクトレンズ使用なので、コンタクトがUV加工だから、
それほど必要じゃなかった。

でも、普段から慣れている人は使った方が良いと思います。
目の保護もそうだけど、
頬がめっちゃ焼けると思う。ほっぺた真っ赤になっている人もいたので、
頬も覆えるようなデカめのサングラスがいいと思う。
あと、今回は砂嵐に会うことはなかったのですが、
砂嵐対策としても必要だと思います。

帽子と、日よけのスカーフは必須。



★その他

「おしん」のおかけで日本人大人気。

日本人の女性だけでなくて、男性も大人気。

一般人の私でも、「一緒に写真撮って!!」の応酬。
主に、若い女性から頼まれました。
今頃、知らないエジプト人のSNSに私の写真が拡散していることであろう。

HISバスすごし。
たぶん、HISは日本の会社だと認知されているのだろう。
みんなバスに向かって手を振ってくれる。
手を振り返すとめっちゃニコニコ。
天皇陛下かなんかになった気分になるくらい。

パピルスは、エジプト人にとっても一生に一度の高価な買い物。



★お土産



THE エジプト土産的な。

















Tシャツ。






















一応、エジプトコットン100%

















お茶、ナツメヤシクッキー、コンパクト。


















パピルスカレンダー2018年用だよ。

















青いカバさん。








香水瓶。







★参考サイト

HISの同じツアーに行ったと思われる、
このかたのブログと
http://blog.ariafloat.com/article/egypt/

このかたの動画は参考になりました〜。
akipin2525
https://youtu.be/t8W3r3UI44s

同じ行程でも、添乗員さんと、日にちによって結構違ってきますね。



日通ペリカントラベルネット エジプト


エジプトの遺跡ガイド
http://www.middle-egypt-travel-association.org/xroomofkey.html




以上、エジプト、カイロの旅おわり!!


思い立ったら追記するかも。

エジプト・カイロの旅 もくじ


2017年3月19日日曜日

エジプト・カイロの旅12 3日目 お買い物 帰国


オールドカイロの観光の後は、香水瓶店へ向かいます。




















11 02 2017 ギザの街並み 商店街 バスから3



11 02 2017 ギザの街並み 商店街 バスから1



























着きました。
「ALI BABA(アリババ)」です。
16:15くらい。


なんだか、オールドカイロから結構走るなー、
あれーギザに向かってるー??と思っていたら、
ピラミッドの入り口付近のお店でした。

ギザまで来るんかいっ!!
ってか、昨日この店、バスの中から見えた店じゃん!














ここでも、日本語ぺらぺらのおっさんの説明があります。
まじ上手い。

日本のIT企業で働いていたけど、
エジプトに戻って、日本人向けにこのお店を作ったんだとか。
























私は、一番小さいサイズの香水瓶だけを、
自分用とお土産用に購入しました。

ここはドルでの表示でした。
カードも使えるけど、
カードだと何パーセントか手数料を加算されます。

めんどくさかったので、私はドルの現金で払いました。





















お店の外にいたワンコ。























夕飯を食べるために移動します。





お店の隣の教会?



















着きました。18:00くらい。

「COFFEESHOP COMPANY」
入り口のところから、ちょうど、
夕方のピラミッドが見えて、かなりいい雰囲気だったのですが、
写真、うまく撮れずorz





















タジン鍋です。





















この旅の食事の中で、一番美味しかったですw

ドリンク類も、コーヒーショップだけあって、
ちょっとおしゃれな感じになっていてよかった。
























夕食の後は、空港に近い、
「SUNCITY MALL」というショッピングモールに寄ります。
20:00くらい。



















ガイドさんにモール内の
「カルフール」の前まで案内してもらって、自由時間です。
21:15までだったかな。




















私は、エジプトコットンのタオルとかが欲しかったので、
モール内を見て回ったのですが、
コットン系のお店は閉まっていて、購入できす。

ワゴン店みたいな感じで、
香水屋さんが出ていたのですが、
そこぐらいしかお土産的なものを買えるお店はなかったです。

ヨーロッパ系のファストファッションの洋服屋さんとかが
たくさん入っていました。


スケートリンクもあったよ。


















30分くらいモール内を見て回り、
カルフールに戻って、
余っているエジプトポンドで買える分で、
お菓子とかを買いました。

現地の皆さんがめちゃちゃ、
皆さんワゴンに大量買いしていて、
レジの混みようが凄かったです。

レジの時間もちゃんと考えないとダメですね。
レジに時間がかかって、集合時間に遅れてきた方がいました。

私は、量が少なかったので、
前に並んでいた人に、
「先にいいですか??」
って聞いて、列の最初に並ばせてもらい、
サクッとお会計を済ませて、
再度モールの中をプラプラしました。





21:40くらいにカイロ空港に到着。

空港に入ったところの、
チェックインカウンターの手前の広く開いたところで、
買い物した物のパッキングの時間を15分くらい取ってくれました。

空港の警備の人もわかっているみたいで、
添乗員さんに話しかけて、
「日本人?パッキングすんの?じゃあ、この一角でやってね」
みたいなやり取りをしていましたw











チェックインも手荷物検査もゆるーく、サクッと終わりました。

時間も遅い時間だったからか、
空港内の人が少なすぎてびっくりする。

一応、スタバも入っているので、
最後にここで、
カイロ限定のピラミッドの絵入りのマグカップを購入していた方もいました。
サンシティモールにもスタバは入っていましたよ。


免税店もほぼ全店舗見て回ったのですが、閑散としていました。
2階なんて、一人で3店舗ぐらいを担当しているみたいで、
私が店を移動するたびに、
店員のお兄さんに付きまとわられましたw

刺繍入りのエジプトコットンタオルが欲しかったけど、
今回の旅で買えなくって、
最後に空港で、一応発見したんだけど、
かなり埃をかぶっていて、展示焼けしていたので断念しました。




時間になりましたので、ゲートに入ります。
再度手荷物検査をして、一旦待合室があって、
そこで待機するので、一時間前がボーディングタイムでした。



ブレブレのカイロ空港。







0:55発。
定時で出発です。





















ドーハに着きました。

時間に余裕があったので、
自由時間を取ってくれたのですが、
私は疲れていたし、特に欲しいものもなかったので、
とっととゲートに向かいました。

ゲートの近くに男女別の仮眠室があって、
フラットになる椅子が用意されていたので、
そこで少し休憩しました。





















7:10発だったのですが、
全然飛ばなくて、
結局、出発は7:30くらいになってしまいました。
























22:30到着予定だったけど、嫌な予感的中。

20分遅れて出発したまま、20分遅れて到着。

22:30にちゃんと到着しても、
終電ギリギリのスケジュールなのに、20分も遅れるなんて!!

荷物がかなり早めに出てきたのでよかったけど、
浅草線に直通する電車の最終(23:20発)は逃してしまいました。


添乗員さんへの挨拶もそこそこに、
荷物を取り、破損がないかチェックして、
税関にお兄さんもスルーで抜けられたので、
マジでギリギリ乗り換えすれば大丈夫な終電(23:30)には間に合いました。

あぁーよかった。
荷物破損してなくてよかったよー。


念のために、
カタール航空のこの便を利用する人は無料で利用できる、
天然温泉 平和島」は予約していましたが、やっぱり家に帰りたいしね。



ってことで、カイロの旅おわり!!


まとめも書くよ

エジプト・カイロの旅 もくじ


2017年3月18日土曜日

ミュシャ展

ミュシャ展


いやぁ、すごいです。

これは見逃しちゃいけないです。


すったもんだがかなりあったみたいだし、
この後、中国とかアジアを回るみたいで、
チェコに戻るのが2年後くらいみたいだし、
正直、中国で劣化させられなきゃいいけど・・・
と心配している人がほとんどでしょう。


ミュシャ展の目玉「スラブ叙事詩」日本初公開に暗雲…?ミュシャの孫が貸し出しの取りやめを求め提訴 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1048975



金曜夜間に行ったのですが、
金曜夜間としてはかなり混んでいました。

でも、作品が大きいし、部屋も広くとっているので、
それほど気にしなくても大丈夫だと思います。



4作品は撮影OKでした。

チェコでは全て撮影OKだったみたいですね。