kei@のブログ

kei@のブログ
たぶん日常。きっと日常。 アートとか音楽とか旅とか ~日々の記録~

2016年8月21日日曜日

怖い浮世絵とチームラボ


怖い浮世絵
2016年8月2日(火)~8月28日(日)
美術館でキモだめし。
「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。しかし「怖いもの見たさ」という言葉が表すように、それらは多くの場合、同時に強烈な好奇心を呼び起こすものでもあるのです。小説やドラマ、映画などで、ホラーやサスペンスといったジャンルが根強い人気を博すのも、この怖いもの見たさに起因するのでしょう。
江戸の人々も、怖いもの、恐ろしいものへの好奇心は旺盛だったようで、歌舞伎や小説などで怪談物が流行したのをはじめ、浮世絵にも怪異や妖怪が盛んに描かれています。本展は、江戸の人々が抱いた恐怖のイメージを浮世絵から探る展覧会です。累(かさね)、お岩、崇徳院といった生前の恨みをはらす幽霊たち、鬼、海坊主、土蜘蛛などの異形の化け物、凄惨な血みどろ絵まで、「怖い」浮世絵が一堂に集まります。



太田記念には、
なかなか行くタイミングがなくって行けていなかったのだけれど、
今回の企画は見逃せないわーと思って行ってきた。

平日も土日も17:30までだし、
どの企画もだいたい1カ月くらいの会期なので、
みたい企画とのタイミングが合わなかったのよね。

行った時間がちょうど混雑のタイミングだったのか、
すごい人でびっくり。
しかも若い人も多かった。

学芸員さんに聞いたところ、
今までの企画の中で、
入場者数が一番になりそうなくらいに好評だとのこと。



半分くらいが、
月岡芳年の作品でした。

報知新聞の新聞記事を月岡芳年がビジュアル化したシリーズが、
何枚かあったのですが、すごく面白かった。

『怖い浮世絵』をご紹介 棺桶から蘇った男、よなよな現れる黒い坊主……そこに隠された意外な結末とは? | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス http://spice.eplus.jp/articles/72524










地下にある手拭い屋さんの顔ハメ。
















表参道のGYREで展示している、
チームラボの

「人に咲く花 / Flowers Bloom on People」と、
「境界のない群蝶 / Flutter of Butterflies Beyond Borders」。

teamLab: Transcending Boundaries会期: 2016年8月9日(火)~9月25日(日)
会場: GYRE(東京都渋谷区神宮前5-10-1











黒い服を着ていたので、
あまりよく咲かなかったけど。














2016年8月18日木曜日

ガンダムとショーン


松屋銀座で、ガンダム展を。

GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展

8階 イベントスクエア
 
2016年8月3日(水)-8月22日(月)<入場は閉場の30分前まで・最終日は17:00閉場>
  • ©創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、1979年にTV放送された伝説的アニメ『機動戦士ガンダム』を、当時アニメーションディレクターとキャラクターデザインを務めた安彦良和氏がコミカライズした漫画作品です。親しみある繊細なタッチで、新たな解釈とともに描き出された長編作品は、全24巻で累計1000万部を超す大ヒットを記録しました。
アニメ『THE ORIGIN』は、2015年に第1話「青い瞳のキャスバル」が上映されました。シャアとセイラの幼少期の物語をひもとき、3DCGを採用したメカニックシーンは「新しいガンダム」として話題を集めました。「シャア・セイラ編」は今秋最終話がイベント上映され完結しますが、2017年には「ルウム編」の始動が発表され、『THE ORIGIN』の展開が継続します。
本展は『THE ORIGIN』のあらゆる魅力を紹介する本格的なアート展です。安彦良和氏による漫画原画にはじまり、設定資料・アニメ原画・背景画・3DCGなど、アニメ『THE ORIGIN』の制作過程をオリジナルの資料や映像で一挙紹介します。展覧会開催記念の限定ガンプラをはじめとするオリジナルグッズも多数販売します。


















今更だけど、
ガンダムって大人のアニメだよなと。

何回かガンダム展って行っているし、
子供の頃見ていたけど、
今ぐらいになってようやく、
物語の面白さとか、意味とか、
設定がしっかりしているとか、
今でも通用するデザインのかっこよさとか、
そういうのがちゃんと分かってきたかなと。






















グッヅコーナーのスニーカー。
男性用しかないとか。






















限定販売のガンプラ。




















お隣で開催中の、ショーン展も。

アードマン・アニメーションズ 設立40周年記念
ひつじのショーン展

8階イベントスクエア
2016年8月3日(水)-8月22日(月)<最終日17:00閉場・入場は、閉場の30分前まで>
© Aardman 2016

イギリスのクレイアニメ制作スタジオ、アードマン・アニメーションズによって創られた「ひつじのショーン」は、ショーンとその仲間たちが牧場で巻き起こす大騒動と、彼らに振り回される牧羊犬のビッツァーや牧場主の日常を楽しく描いたクレイ・アニメーションです。細部までこだわりを持って作り込まれ、イギリス流のユーモアにあふれた世界が展開されています。日本でもNHK Eテレで放送され、子どもたちに大人気の作品です。本展では、アードマン・アニメーションズ設立40周年を記念して、「ウォレスとグルミット」シリーズや『チキンラン』、『おすすめ生活』などの作品も紹介いたします。巨大なセットやパペット、映像のほか、ニック・パーク監督による『ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー』の為のカラースケッチなど、ほとんどが日本初公開となる約250点により、アードマン・アニメーションズが創り出す、楽しくも緻密な作品の魅力をお楽しみください。





キャラクターはしていていたけど、
ちゃんとアニメを見たことがなかった。
ショーンって、クレイアニメだったのか。
セットとかも併せて展示してあって、面白かった。
なんとなく「The イギリス!」って感じ。



2016年8月17日水曜日

どくとるマンボウ展



実家の近くの図書館と併設されている、
歴史民俗資料館へ。


夏休みにあわせて、
どくとるマンボウ展をやっていた。






(1) どくとるマンボウ昆虫展
 北杜夫のマンボウシリーズの中でも、外の作品とは一線を画す『どくとるマンボウ昆虫記』を徹底的に具現化したもので、「一つの文学作品の素材が、これほど集められた例は未だかつてない」と、或る文学者に言わしめた昆虫展である。私が中学の時に心に決めたことが、40年の時を掛けて現実のものとなった時、25の標本箱の中には、北杜夫氏が実際に採集し、自分の文芸作品に登場させた「その時の正にそのもの」という歴史的な標本たちが並んだ。1都10県23会場で行われた展示会では、内4会場にて北杜夫氏本人のトークショーが行われ盛況であった。4年前の岩手・宮城内陸地震へも出前した。この時から、文庫本にオリジナルのブックカバーを付けて文庫本を販売し、原価も込みで各地震災害へ義援金を寄付するというキャンペーンが実施された。送り主を「どくとるマンボウ昆虫展」とした義援金は25万円を超えた。そのような面でも最も成功した出前昆虫展であった。新聞・テレビ等、各メディアに紹介された回数は、NHK-TV全国ネットで3回を含め、100回を軽く超えるだろう。そして、この昆虫展こそが、各公共機関への企画展示品の共有化を実践する絶好の展覧会となって行ったのである。












⇧この展覧会が全国をぐるぐる回っているっぽい。


本人はすでに無くなってしまっているから、
ここでは、肉声のテープが聞けるようになっていました。















道の駅 湧水の郷 しおやで、お買い物とご飯。

野菜が安い。安すぎるよ。








ど田舎で、周りに何にもないから、
ここがジムになっていた。

しかもカイリューいるし強い。
誰だよw

ポケスポットも2個。

田舎にとって、道の駅はレジャースポットなのだ。





2016年8月16日火曜日

旧安田邸と島薗家住宅


保護資産◆ 旧安田楠雄邸庭園

◇旧安田楠雄邸庭園とは・・・
 旧安田楠雄邸庭園は、大正8年(1919)に建設された近代和風建築として価値が高く、在来建築技術と西洋から伝来した新しい技術力、大正期の工業技術力を用いて建てられた建物と、そこから眺める庭園により構成されており、平成10年に東京都の名勝として文化財指定を受けています。
平成8年まで安田家の人々により大切に住み継がれ、その後、多くの方に親しんで欲しいというご遺族の意志を受けたたてもの応援団の尽力により、公益財団法人日本ナショナルトラストに寄贈されました。平成19年からより多くの皆様にご覧いただけるよう一般公開しております。この公開は、ボランティアの方によるご案内・イベント運営・清掃といった活動に支えられています。


【イベントスケジュール】2016年版
月 日内 容備 考
2015/12/20(日)~2016/1/5(火)冬季休館終了
1月 6日(水)人日の節句終了
2月27日(土)~3月2日(水)上巳の節句「ひなまつり」終了
3月26日(土)公開終了後2回公演しだれ桜と琵琶の夕べ 終了
4月13日(水)防空壕公開終了
4月30日(土)~5月4日(水)端午の節句「五月飾り」※5日間連続公開終了
6月4日(土)福楽寄席終了
7月2日(土)・6日(水)七夕の節句「笹飾り」終了
7月9日(土)公開終了後2回公演新内節の夕べ終了
8月6日(土)防空壕公開
8月11日(木)~8月19日(金)夏季休館
9月の公開日北村四海作 大理石彫刻公開
9月17日(土)公開終了後2回公演かたりと公演有料・予約制
10/12・10/15・10/19・10/22重陽の節句
11月頃東京文化財ウィーク 予定
2016/12/22(木)~2017/1/6(金)冬季休館
※事情により変更、追加となる場合もございますので、ご参加の際は事前にご確認ください。





年に2回ほど、防空壕を公開しているみたいなので、
見に行ってきた。

公開日の8/6は、ちょうど広島に原爆が落とされた日。






















ボランティアの方々が、
至れり尽くせりで説明とか案内をしてくれますよ。












台所。


















台所の床下収納。
















二階。
蚊帳が張られていて、
中にはキューピーちゃんが寝ていましたw





















二階にもトイレがありました。
当時からのものとのことで、
配管とかはどうなっているのか聞いたら、
そのままパイプが下まで通っていて、
二階からためるところまで、ボットンだそう。

なんかすげー。
匂いとかどうだったんだろう??









































説明を受けながら、
一通り回ってから、最後に防空壕を見学。












結構丈夫な感じだし、
思っていたよりも広かった。

空襲警報が出て、
解除されるまでの何時間かだけなので、
この中で過ごすのは、
そこまで辛い事はなかったとのこと。

一番奥には、家が燃えてしまった時用の、
脱出用階段がありました。
今は、埋まってしまったけど、
お庭に出られるような位置に脱出口はあります。
























真ん中の植木というか、草がもっさりしているところが、
脱出口があったところ。



















爆撃機とか、戦争絵柄の着物。
当時でも珍しいものだったみたい。
なんかかっこいい。



















文京区の焼けたところとかの解説地図。
有名人、資産家などのお家がずらり。

























移動しまして、
島薗家住宅

こちらも、ボランティアの方が、
案内、説明をしてくれます。

安田邸に比べるとコンパクト。




























爆撃機と戦艦の絵柄のステンドグラス。